ATC内のサービス・公共施設の紹介。

情報センター

ソフト産業プラザiMedio
(ソフトサンギョウプラザ イメディオ)

ソフト産業プラザiMedio
 
ソフト産業プラザiMedio外観

ITM棟6F

フロアガイド

 
 

イメディオは、ソフト産業プラザ創業・情報化支援施設の愛称です。Image(映像)+Studio(スタジオ)にも通じることから、「映像産業を生み出す場所」「個々のイメージが形になる場所」という願いを込めて名付けました。

ソフト産業プラザ「イメディオ」は、大阪市の委託を受け、財団法人大阪市都市型産業振興センターが、大阪市のデジタルメディア産業の振興と育成を目的に運営する共同利用型インキュべ-ション施設です。

デジタルメディア産業の総合支援施設として、インキュべ-ションオフィスの提供や、制作環境サポートを目的とする最先端のスタジオ設備の他、JavaやXMLなどの最先端の技術セミナーの提供、ビジネスサポートの為のサイト運営などを行っています。

今後もデジタルメディア産業の育成と振興、ひいては、大阪市の経済活性化につながる支援活動を展開して参ります。

 
 
 
サービス インキュベーションオフィス、スタジオ、研修ルーム、ライブラリー、プレゼンテーションルーム
TEL 06-6615-1000 営業時間 平日:10:00~18:00 休館日:土曜日・日曜日・祝日
web ホームページ

■施設概要

施設構成全体面積:約3000m²
インキュべ-ションオフィス:約1,700m²(34区画)
イメディオスタジオ(映像、音響の収録・編集スタジオ)
プレゼンテーションルーム(会議室×2室)
PCトレーニングルーム(研修ルーム:パソコン17台×2室)
ライブラリー
ビジネスカフェ(商談スペース)
講義室(40人収容可能)
リフレッシュルーム(シャワー室あり)
使用には、一部利用料が必要です。入所者は半額でご利用いただけます。

 
 

このページの上部へ